釣ったり、釣られたり

HISTORY

kazutakaイラストレーター つがおか一孝 

1950年8月 四国の徳島に生まれる。
  73年   広告プロダクション「ザ・マン」入社。
  75年   イラストレーターとして独立。
        広告(アドバタイジング)を中心に、ポスター、雑誌、カレンダー等、
        レコードジャケットからパッケージ・イラストまで幅広く製作。
        この頃の趣味は、ティン・トイ(ブリキのおもちゃ)の収集とネオン街
        の徘徊。
  77年前後 アメリカの若者文化「自然回帰の運動」(バック・パッキングと
        エコロジー)の考えに触れ、夜型だった極めて不健康な生活の反動も
        あって突然発心。魚釣り(フライ・フィッシング)を始める。
        久し振りに陽光の眩しさを体験、軽いめまいを覚える。
       「魚のうろこの美しさに、目からうろこが落ちたようだ」(当時の本人談)。

  80年前後 画業を忘れ、フライ・フィッシングにうつつを抜かすを自己批判、改革を決意。
        斯く成る上はと、趣味と実益の両立を画策する。
        アウトドア誌及びスポーツ誌等、出版の分野に仕事の場を拡大。
        あわよくば、リバーサイドでの半画半漁(半農半漁みたいなもの)の生活を目指す。(どこが自己批判じゃ)
  81年5月「屈斜路プリンスホテル」壁画製作。
        自然のメッカ、北海道での川釣りをあて込み、二つ返事で引き受けたものの、ホテルの壁は思いのほか
        広大。
        鱒釣りの別天地に滞在しながら、ひたすら壁に向かって仕事に終始。趣味と仕事の両立の難しさ、
        現実の「壁」を思い知る。
  86年   月刊「フィールド・アンド・ストリーム」誌(CBSソニー出版)表紙イラストレーションの制作を開始。
        同誌にイラストとエッセイを連載開始。
  87年  「箱根・仙石原プリンスホテル」ロビー壁画制作。
       「箱根・芦ノ湖」での 朝夕の 鱒釣りを期待して、生来の楽天家は又もホイホイ引き受けた。
        芦ノ湖の年間入漁券まで購入して、意気込んで挑んだ箱根の壁もやっぱり大きくて・・・。
  88年3月 住み慣れた東京「杉並」から、まだ自然が残る鎌倉「稲村ガ崎」へ転居。夫婦と子供二人、アヒル
        一羽の生活。
        釣り、キャンプ、バード・ウォッチング、カヌー、野外クッキング等、家族で実践してきたキャンプ
        体験をまとめた「ファミリーキャンプ入門」(千早書房)を出版。
  89年6月 スポーツ・フィッシングの専門誌、月刊「アングリング」誌(産報出版・廣済堂出版)
        表紙イラストレーションの製作を開始(以降2001年2月まで12年にわたり製作)。

  90年   ジャパンカップ・ボーリング(日本プロボーリング協会)ポスター制作。以後2011年まで21年間に
        渡って制作。
  91年   東京六本木「アートボックス・ギャラリー」にて作品展。
  93年   名古屋「セントラル・ギャラリー」にて作品展。
        東京錦糸町「西武百貨店」にて「栂岡一孝イラストレーションの世界展」を開催。
  95年   幕張メッセ「世界釣り博」に於いて作品展。
  97年   北海道「チミケップ・ホテル」にて作品展。
  98年   東京銀座「アートボックス・ギャラリー」にて作品展。
        横浜元町「キタムラ」のカレンダーをはじめとした、ビジュアル全般のイラストレーションの制作を
        開始。以後15年、現在継続中。
  99年   東京銀座「キーストン」特設ギャラリーにて作品展。

2000年元旦 ミレニアム年の年頭にあたり、己の生きてきた半世紀を振り返り、深く反省し、恐れ入り、自己改革を
        決意(またかい!)。
       「チェンジ」「アクション」「ムーブ」、 3つのスローガンを掲げる。
        今日をもって、のんびり屋を返上。変身(チェンジ)だァ。
        積極的に行動するぞと、6月の北海道釣行の直後、モンゴルへ釣行。
        9月には、アラスカから帰った直後再びモンゴルへ「アクション」。
        モンゴルの釣りにハマッてしまった。
  01年   広大なモンゴルの自然を仲間にも体験させたいと考えて、「つがおか一孝と行く、モンゴル・フィッ
        シングの旅」を企画(近ツリ)。6月に実現(以後3年間で4回実施)。
     6月 12年暮らした鎌倉「稲村ガ崎」から「葉山」へ転居(ムーブ)。
        (新天地が、きっと此処にあると信じて・・・。)
  02年5月 旅行雑誌、じゃらん「おとなのいい旅」(リクルート)。表紙イラストレーションを担当開始。
        巻頭エッセイ「絵描きの旅日記」を連載。
  03年7月 クロスワード・パズルの専門誌「ナンパラ・スペシャル」(学研)。表紙イラストレーションを担当開始。
        (10年目継続中)
  04年   横浜市とキタムラの後援により山手234番館にて「つがおか一孝・ヨコハマ・ドッグ・ストーリー
        展」
  05年5月 ゴルフ専門誌「アルバ」(小池書院)。表紙イラストレーションの製作を開始。
     7月 フィッシングの専門誌「スポーツ・アングラー」誌。(ネコ・パブリッシング) 表紙イラストレー
        ションを担当開始。
  06年4月 ソニー・ファミリー・クラブ(現ライトアップ・ショッピング・クラブ)発行のHDカタログの表紙
        イラストレーションを担当開始(現在も継続中)。
        同社インターネット・ショッピング・サイトでコラム「葉山日記」を連載。
    10月 東京銀座・ソニービル一階特設ギャラリーにて作品展。
  08年3月 スポーツ・フィッシング専門誌「フィッシング&ライフ」誌(緑書房)表紙とコラムを担当。

  10年   フライ・フィッシングの専門誌「フライの雑誌」(フライの雑誌社)イラストとコラムを連載開始
  11年1月 スポーツ・フィッシングの専門誌「SW」誌(岳洋社)巻頭コラムとイラストを連載開始

●1992年から全日空機内誌「翼の王国」に魚のイラストを連載、06年から野鳥のイラストを連載。95年から釣り業界国内最大のイベント「国際釣り博」のメイン・ポスターを6年間制作。山と渓谷社刊「アウトドア21ブックス・シリーズ」の表紙イラストレーションを制作(シリーズ継続中)するなど、自然、動物、魚釣り、アウトドア・スポーツを描く仕事が増えている反面、肝心の釣行日数はどんどん減っている現状。あの時抱いた思惑(趣味と実益の・・・)、憧れの「半画半漁」の生活に近づいているや否や…。

●いま、イラストレーションのテーマとして興味を持っているもの。魚、野鳥、犬・猫、野生動物、自然、そして
「人間」。